読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たのしい授業と仮説実験授業と

仮説社のこと、仮説実験授業のこと、たのしい授業のこと、出版のことなど。

『たのしい授業』2016年12月号の目次

『たのしい授業』2016年12月号が発売になりました。

目次を紹介します。

 

『たのしい授業』2016年12月号(No.457)ここから世界へ◇◇◇
■:題名
◎:副題
▽:説明文
字下げ:短編
★:連載,常設記事の副題
表紙絵/いぐちちほ,カット/TAKORASU,かえる社


■受験生を励ます 年賀状(山路敏英)

NASAプラトンボと仮説実験授業の紹介をしてきました(相川
智彦)
▽「宇宙を教育に利用するワークショップ」で授業プラン〈くるく
る回って空を飛ぶ〉の研究発表をすることに。たとえ国が違って
も,たのしい授業は世界共通だと確信。

■たのしい思い出は《空気と水》で(森田光徳)
◎ネパールから転入生がやってきた
▽ネパールからやってきた5年生のナラくん。勉強がわからず,不
登校気味になってしまいました。そこで「とにかく日本語を教え
る」ことよりも「たのしい授業」を優先するようにしたら,ナラく
んの笑顔が初めて見えた!

エピクロスの学校はどこに?(吉田秀樹)
◎原子論と地動説が同時に誕生したギリシャへの旅
▽謎と興奮につつまれたギリシャ。夢は紀元前にさかのぼり,原子
論と地動説の起源につながる情報を求めて足を棒に。しかし時間は
わずかだ。せめてエピクロスの「たのしい学校」の跡地に立ってみ
たい! 行け行け秀樹!

■この初めての授業が,とても好きです(福嶋祐子)
バングラデシュ×私×仮説実験授業
▽授業書と分子模型をカバンいっぱい詰め込んで,青年海外協力隊
としてバングラデシュに行くことに。国旗はよく似ているけれど,
普段あまり意識することのない国での仮説実験授業。果たして子ど
もたちの目は輝くのか?

   ★編集委員会ニュース

   ■ライスケーキ(島 百合子)
   ◎残ったご飯もおいしく食べよう

■青年が見た〈自分の国〉像 再び (池田毅司)
◎25年間で変わったこと,変わらないこと
▽1988年に行われた各国の青年たちの〈自分の国で社会的に成功
するためには何が重要か〉に対する意識調査。25年たって,社会
は,人々の意識はどう変わったのか?

■多数決に優先すること(松田心一)
◎ある校長の体験 ── 群れに紛れて我を忘れないために
▽2学期始業式,ある男子生徒が校長の中学校に転入してきた。申
し送りによると,喫煙は常習に近く,教師への暴言もしばしばだと
いう。転入後は,授業中に勝手に教室を出ていくことも多く,先生
方は彼の行動に振り回されていた。そこで,学年の先生方全員,近
く予定されていた修学旅行には,彼を参加させないという意向だっ
た。が,校長は「彼も参加してほしい」と考えていた……。

■原子論的な考え方の魅力(林 泰樹)
★子どもの気持ちがわかる教師への道 ── 板倉聖宣さんの本を読
みながら考える9
▽「目に見えないものを,重さを手がかりに追求していく過程(授
業)」に興奮して取り組む子どもと教師。それが「自然」だけでな
く「社会」にも適用できるなんて!

若狭湾での生活 (広瀬真人)
★2そくのわらじ! 第3回
▽突然の異動で〈少年自然の家〉に。え? カッター訓練?

   ★研究会・行事案内等 全国サークル案内
              わくわく科学教室
              研究会案内
              授業書と科学と人生と(横浜)
              楽しい仮説実験ワークショップ(愛知)
              仮説実験授業研究会冬の大会(東京)
              北海道「たのしい授業」講座
   ■5分できれいになる掃除法(由良文隆)
   ■『みんなのおりぞめ』(淀井 泉)
   ■不思議な数「6174」(菊谷秀臣)
   ■(おたより)子どものつぶやき(扇野 剛)
   ■(おたより)たのしい買い物(森戸みずほ)
   ■(おたより)はらぺこあおむし(高橋善彦)
   ■(おたより)国旗おりづる(日吉 仁)
   ★裏表紙の解答
   ★仮説会館&板倉研究室
   ★編集後記

★はみだしたの(欄外一行メモ,毎ページ下段)
ア影山聡美  イ道端剛樹 ウ高橋善彦,エ佐藤弘道,オ扇野 剛,
カ吉野幸子,キ吉岡 淳,ク荒居浩明,ケ北村知子,コ岩本洋二,
タ南元史子,チ丸山秀一,ツ由良文隆,テ佐藤重範,ト明定義人,
ナ渡部二郎

   ★広告等 コパン・クラージュ
        仮説社